息子の音読を横で聞いているのは結構面白い

スポンサードリンク

こんにちわっ!!管理人のPoncho(@Poncho8810)です。

 

昨日、仕事を終えて帰って来たら「音読するから静かに聞いてねッ!」と9歳の息子にお願いされました。

 

玄関開けたら20秒で「静かに聞け!」なんて、玄関開けたら2分でごはんのやつより早いし優秀な息子。

 

小学校の宿題には国語の教科書を声を出して読む「音読」というものがあります。

 

これは保護者がしっかり聞き取り、「間の取り方・声の大きさ・スラスラ読めたかどうか」などいくつかのポイントを◯×△の3段階評価でチェックします。

 

今回息子が音読するのは”あまんきみこさん作 – 白いぼうし – ”

 

【あらすじ】
紅游高校に通い拳法部に所属している色丞狂介は、同じクラスに転校してきた姫野愛子に、一瞬にして心を奪われてしまう。ある日、姫野が銀行強盗事件に巻き込まれてしまい、人質となってしまう。彼女を助けるために覆面をかぶって強盗に挑もうとするも、何とかぶったものは女性用のパンティーだった。ところがその瞬間、これまでに感じたことのない感覚が体中をよぎり……。

 

すみません、白いぼうしと白いパンティーを間違えて実写の変態仮面を紹介しちゃった。(テヘペロ)

 

本当はこっち。

 

【あらすじ】
空いろの車を町でみかけたらきっとそれは松井さんのタクシーです。手をあげて、車のざせきにすわったら、「お客さん、どちらまで?」それが、ふしぎな旅のはじまりです。

 

20年以上も前になるけどこの話はよく覚えています。

 

「レモンのにおいですか? いいえ、夏みかんですよ。」というフレーズで始まるお話。4月に学ぶにはピッタリなお話です。

 

白いぼうしと女の子とタクシーのおじさんの素敵な関係が楽しめる心温まる物語。息子と一緒に読み返してみてもあの頃のまま、とても心が穏やかになるお話です。

 

子供の頃は「国語の勉強とかメンドクセェ〜」なんて思った時期もあったけど、学校の授業でこんな素敵なお話を学ぶ機会を設けてもらえるなんて、本当にありがたいことだと思います。

 

まぁ大人になった今だから思うことなんですけどね。

 

今でこそ本が好きで1ヶ月に最低でも2、3冊は読破するようになったけれど、もっと子供の頃から本を多く読んでおけば良かったって後悔する時があります。

 

だからこそ口を酸っぱくして息子には「ゲームも良いけど、自主的にもっと本を読むといいよ」って言ってるんだけど、ぜ〜んぜん聞かないしなぁ。

 

漫画すら読まないし、本当に困ったものです。

 

そんなこともあり、せめて国語の授業だけでもしっかり学んで欲しいと思い、Poncho家では親子で音読を楽しむなどの工夫をしていますが・・・

 

理系頭の息子には文章を読んで理解するのが難しいようです。

 

ゲームとかなら全然OKなのに・・・勉強となると「うっ・・・頭が・・・」的な反応するんだから全くこの子は(´・ω・`)

 

そんな息子の音読。

 

体をユ〜ラユラ揺らしながら読む癖があるから「めっ!」と言って注意したり、声がボソボソ小さくなると「めっ!」と言って注意したりと、なかなか大変です。

 

大変だけど聞いてると面白いこともあります。

 

音読中、稀に読み間違える言葉があったりして、それを聞くのが結構面白かったりします。

 

今回の「白いぼうし」でもちょっと面白い読み間違えがありました。

 

「きょうは、六月のはじめ。」

 

「夏がいきなりはじまったようなあつい日です。松井さんもお客も、白いワイシャツのそでを、うでまでたくしあげていました。」

 

「ほう、夏みかんてのは、こんなににおうものですか?」

 

「もみたてなのです」

 

「・・・あっ!もぎたてなにょです!!(汗)」

 

横で聞いてて思わず吹き出しました。

 

”もぎたて”を”もみたて”と間違えた息子。

 

さすがです!お父さんもたわわな果実をもみたてしたいッ!!←

 

読み間違えで少々アダルトチックなニュアンスを感じさせる辺り、さすが我が子といった感じです。

 

とある番組で「◯ックス・・・ファックスでお便りくださいッ!(赤面)」と言った女性司会者には足元にも及ばないけど、なかなかのセンスだ。

 

咄嗟に言い直したけれど、慌てて”なにょです!”と言ったのもポイント高い。

 

あんまり横で笑ってると「お父さん!しーっ!!」って怒られるからほどほどにしないといけないんだけど、

 

じわじわと笑がこみ上げてくるから困ったもんだ(笑)

 

こんな感じで、4年生になってもまだまだお子ちゃまな音読をしている息子。

 

5年生の頃、学年音読コンクールで最優秀賞を頂いた父のようになる日は来るのでしょうか。

 

まぁそんなありがたい賞を貰った数年後、

 

誰もいない家の中で、ドキドキしながらフランス書院を音読してみたりする、若き日の父のようにだけはならないで欲しいと切に願っております。

 

それではまた!

 

本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました♪

 

大変厚かましいお願いですが、下記のバナーを1日1回ポチッとしてくださると嬉しいです。

 

応援のほど、宜しくお願いします。【目指せ1位】・ω・´)尸

 

当ブログに皆様の愛のポチッとを

当ブログの順位は何位かな?( ´艸`)
↓人気ブログランキングに登録してます。1日1回で良いのでポチッとしてくださると、順位がUPします。応援宜しくお願い致します。

ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

Twitterのご案内

Twitterやってます。
くだらないツイートや更新通知などもしますので宜しかったらフォローください。
Poncho(@poncho8810)

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • ぴかちゅう
    • 2017年 4月 24日

    Ponchoさん、こんばんはー☆

    音読懐かしー。昔、私も息子の音読聞いてあげてましたがいつの間にかご褒美マークを自分で書いて出すようになりだんだん音読を聞かなくなりました。

    もみたてー??私は新鮮なオレンジジュースかと思い読んでました。後まで読んでようやく爆笑しました(笑)やっぱり、Ponchoさんの息子さんですねー。笑いどころを心得てますね。

    • Poncho
      • Poncho
      • 2017年 4月 25日

      ぴかちゅうさんへ
      ほうほう、ぴかちゅうさん作のご褒美マーク!
      僕も音読したらもらえるのかしら♪

      いや〜天然って怖いですね。
      真顔でもみたてー!なんて言われたらお腹痛いくらい笑っちゃいますよ(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

管理人のつぶやき

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードリンク

アーカイブ

スポンサードリンク

ゲーム・漫画・ブルーレイ&DVD - 人気ランキング